[ns:ss]

[nothing special : something special]

scraps,memorandums and fragments of my floating days...
Sep 17
Permalink

「夜お店開けないのはもったいない」ってよく言われるけど、でも夜に店を開けたらいつ遊ぶんだろう?って(笑)何のために仕事してるのか分からなくなっちゃう。

お金は必要だけど、バランスが大事というか。夜も営業すれば収入は上がるかもしれないけど、時間が無かったら他に何もできないし。そういう気持ちの余裕が無いと、お店に立っててもギスギスしちゃう気がして。

Permalink
Sep 09
Permalink
Permalink
Fender Rhodesとは(WikiPediaより)↓
1940年代にハロルド・ローズ(Harold Rhodes )によって「前線の兵士たちを慰安する(音楽療法)目的で」発明された。最も初期の物は航空機のパーツを使って組み立てられた”Pre-Piano”というもの(同様の楽器はKAWAIから「トイ・ピアノ」として現在も販売されている)。これにマグネティックピックアップを取り付け、大音量を得られるように改良した。1959年楽器メーカーのフェンダー社と合弁事業を開始し、以降1974年頃まで”Fender Rhodes”の名の下で製品を生産・販売した。
Permalink
先日岡山でライブの際テストパターンの充君と話した。
 私が「最近の音楽シーンはハングリー精神など全く無くヒモとボンボンしかおらんので音楽自体が全く面白く無い」という話を冗談まじりにすると「全ての新しい音楽はヒモとボンボンが作って来たもんでしょう。ハングリー精神など新しい音楽の敵ですよ。」と充君。「え~そうかな~」と聞き返すと「本当にハングリーな奴は新しい音楽などに興味も無いだろうしやろうとも思わんでしょう。ハングリーな奴はロックンロールですよ。皆が知っていて簡単に出来て一攫千金。オマケに女とヤリ放題、ハングリー野郎にはこれしか無いでしょう。」と充君。
 
 確かにな~と関心した。本当にハングリーな奴はバイトが忙しく新しい音楽など考える暇も実践する暇も無いだろうし大体「音楽」自体をチョイスしないだろう。やっぱりハングリー=ボクシングな感じだし。

 そして今時「ハングリー精神」などという言葉を吐いた自分自身にもゲンナリ。「精神の開放」と同じぐらいダサイ。

 やっぱり若い人と話のは楽しい。
Permalink
Sep 08
Permalink
Permalink
「CDの保存を難しくすることのひとつは、CDの品質が一様ではない、ということ。なぜ品質がさまざまなのかと言うと、生産された年月や生産された工場によりCDの品質基準は大きく異なっていたためです」と、Youket氏。さらに、CDの腐食はイギリスのランカシャー州にあったとある工場で1988年から1993年までの間に生産されたCDにだけ起きる特有な現象であった、とごくごく一部のCDでのみ見られる現象であることも明かしています。
Permalink
Sep 05
Permalink
Permalink
Permalink
日本の金備蓄(約850トン)も、実物は米国NY連銀の金庫にあるとされる。
 金に限らず、外貨準備の中核をなしている米国債も、NY連銀の“帳簿”にのみ存在し、支払われる利息も、その“帳簿”に記載されるだけという仕組みである。それゆえ、米国連邦政府やFRBは、対日債務がどれほど積み上がろうともたいしたことだとは感じていない。
Sep 04
Permalink
Permalink
Sep 03
Permalink

しかし,題材の中にも面白さを伝えるのに向いているものと,そうでないものがある。この分類に関して,石川氏は1996年のビデオゲーム工学学会にて発表された「ゲームデザイン要説」の手法を紹介した。その分類法は,縦軸を「現実にある」「ない」,横軸を「ターゲット消費者の多数が知っている」「知らない」と設定し,その題材がどこに位置するかを分析するというもの。さらに題材が「現実にある」場合には,「日常」か「非日常」かが分類される。

「ゲームデザイン要説」(ビデオゲーム工学学会 1996年)に掲載された題材の分類法

 この手法では,題材が5つの位置(ジャンル)に分けられるわけだが,「ゲームデザイン要説」によれば,ゲームにしたときもっとも有利なのは,「題材が現実にあり,多数のターゲット消費者が知っているが,非日常的であるもの」とのこと。具体的には,上記で挙がったプロ野球や戦国大名などだ。それとほぼ同じ程度に有利なのが,「現実にはないが,多数のターゲット消費者が知っているもの」──つまり,版権モノなどのフィクション系だ。

会場では,5つのジャンルに分類された題材の具体例と,その有利,不利の順位が示された
 逆に不利な題材──もっとも売れないのは,「現実になく,ターゲット消費者が知らないもの」となる。代表例は,オリジナルのファンタジーRPGで,石川氏は「『ドラゴンクエスト』シリーズなど大型IPが存在するために,多くの学生が勘違いしてこのジャンルの企画を作りがちだが,もともと不利な題材であるうえに,大ヒットIPがすでにあるため,新企画で勝負するのは難しい」とした。